about us of a-ca-cia-place

a-ca-cia-placeって?
誰もがそう思う。そりゃそうだ、これはあるひとりのおじさんから生まれた言葉なのだから。
しかし地図にはない「その場所」は、北海道のとある田舎に確かに存在しているということを、ここではっきりと断言しよう。

北海道は桜岡、旭川中心部からは車で30分、食材を買うようなスーパーさえない。
ある日しぶやさんは、偶然車でこの土地に入り込んだ。
初めて入った「桜岡」という土地の有りように、思わず彼は息をのんだという。
緑の濃い雑木林、大らかにカーブする道々、そして200あると言われている溜め池があちこちに点在していた。
まるで別の世界に迷い込んでしまったような、そんな感覚を覚えた。
「ここは、僕らのラスト・フロンティアになるよ。」しぶやさんが桜岡に出会った瞬間だった。

カーテンのない夜の民家、日差しを浴びる大きな池、庭先に咲くベリーの実やハーブたち。
きっとそんな風景が、この土地には似合う。いや、そんな風景が広がっているのが、しぶやさんには見える。
「ここに、正しい田舎町をつくろう。」
そう、その田舎町こそが「a-ca-cia-place」である。

「a・ca・cia(アケーシア)」はアカシアの洋名で、この近辺一帯に群生しており
既にこの土地のネイティブな存在と言えるアカシアに敬意を表したネーミングにした。
エリア面積は6600㎡。このエリアの中に、住宅をはじめ、レストランや宿、ショップなどといった「ピース(piece)」を増やして行く予定である。

現在、a-ca-cia-placeの中にあるピースは「cafe good life」、「studio N.Domon」、「shed house」
キャンプサイトやB&Bのための基礎を用意した「Ground」そして大きな池(愛称は「ビッグ・ポンド」)を囲んで用意された5区の宅地、「Sakuraoka Reservation」。


ぜひ一度、足を運んで実際に見てほしい。
「a-ca-cia-place」と名付け、これこそが「田舎」だと言う「しぶやわーるど」を。


a-ca-cia-place

渋谷隆
1941年 北海道旭川市生まれ
1997年 東川にて「cafe good life」を開店。
2007年 桜岡に身を移し、「a-ca-cia-place」を発案。「ふつう!でも今までありえなかったエリア」づくりを目指す。